基礎マッサージ

アロエで輝く明日のあなた

人間の皮膚は、二十八日周期で皮膚を構成している細胞が死滅してあかとなって脱落し、新しい細胞と交代します。しかし、交代がスムーズにいかなくなると、しみ、そばかす、ニキビなどがあらわれ、弾力性やつやを失い、皮膚の老化を促します。

交代がスムーズにいかなくなる原因には、便秘や胃腸病などの内的要因や、紫外線などによる外的要因が考えられます。

アロエを内用、外用すると、殺菌作用、抗炎症作用、抗潰瘍作用などの薬効が、内的・外的の両面から表れるうえに、ビタミンB2・B6・B12が豊富で、繊維分も多く、栄養的にも美容につながります。

美顔にアロエを利用する場合は、葉の外側の青い部分には刺激が強い成分が含まれているので、中身のゼリー状を使います。

また、アロエマッサージは入浴前に行ないます。アロエ液が毛穴にしみ込み汗と汚れをとり除き、入浴後の肌はスベスベです。



①4cmほどのゼリー状をとりだし、しぼり汁を作る。
②化粧を落として、しぼり汁を顔につける。
③マッサージ
・「の」の字を書く
・たたく
・目じりをつまむ
・引っ張る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする