入浴美容法

ピーンと張った肌は若さの象徴

アロエは入浴剤として、美容と健康に、5つの効果を発揮します。

①血行をよくして体をシンからあたため、湯冷めしにくい。
②消炎作用で日焼けの炎症を鎮めて皮膚をなめらかにする。
③あせも、ただれなどのスキントラブルを治す。
④皮膚老廃物の排出を早めるため、肌がきめ細かくなり、なめらかにする。
⑤全身の新陳代謝を高め、体調をととのえる。特に脂質代謝が活発で、やせる効果がある。

肌が乾燥しやすい冬、スキントラベルが多い夏には特におすすめしますが、季節を問わず利用してこそ美容効果は高まります。


アロエ入浴法には、次の3つがあります。

①生葉をお湯に入れる方法
生葉(70グラム程度)を用意し、よく水洗いして5グラム幅に刻みます。これを布袋に入れ、アロエが外に出ないように口をしばり、湯船に入れます。いちばん刺激の少ない入浴法です。

②しぼり汁をお湯に入れる方法
生葉をよく水洗いして、おろし金ですりおろします。これをふきんでこし、しぼり汁を作り、この汁を300ccお湯に入れ、よくかき混ぜてから入浴します。
刺激が強すぎる場合は、湯船から出たあと石けんで洗い流してください。
なお、しぼり汁をとる場合、ジューサーを使えば布でしぼる手間が省けます。

③上澄み液を直接体に塗る方法
しぼり汁を作り、上澄み液を取ります。これをお湯のなかに入れるのではなく、直接体に塗るのです。
全身にまんべんなく塗るのですが、特に傷などのトラブルのある個所は入念に塗ってください。
マッサージを加えると、エキス分がしみ込んで、さらに効果的です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする