アロエが効果を発揮する症状は数え切れないほどあり、医者に見放された難病が治ったというケースも数多くあります。しかし、いくら効果があり手軽だからといって、何でもアロエで大丈夫と思うのは間違いです。

例えば、やけどにはアロエは特効薬といえるほどの効き目がありますが、重度のやけどには、やはり医師の手当てが必要です。同じようなことが、内用の場合にもいえ、アロエは胃腸病によいといいながらも、もともとは下剤としての働きがありますので、大量に使用すると、ひどい下痢になってしまいます。

また、アロエを外用薬として使う場合は、体質によって効く効かないということはないのですが、内用の場合には、体質的にあわない人がいます。誰にでも同じように効くという考えは禁物です。

アロエは一般的に体質の強い人にはよくあいますが、下痢をしやすい人や、ひどい冷え性の人など体質の弱い人には、あまり適していません。

アロエは家庭の救急薬として理想的な常備薬とはいえますが、残念ながら万能薬ではありません。


便秘

健康な人なら、1日1回の排便が普通です。しかし2日に1度でも、それがその人の排便リズムであれば、便秘とはいえません。ところが、排便間隔が不規則で場合によっては1週間近くも排便がなく、苦痛を感じるようだと、それは便秘といえます。

もっと見る

痔は、場所が場所だけに恥ずかしさが先に立ち、かなり悪化して、我慢しきれなくなって初めて病院へかけ込むというケースが多いようです。しかし、治療が遅れると治りにくいうえ慢性化してしまいます。症状の軽いうちに、アロエでぜひ治しておきたいものです。

もっと見る

膀胱炎

膀胱炎になると、トイレが近くなる、尿意があって何度もトイレに行くのにちっとも出ないで残尿感がつづくという症状があらわれます。これがさらにひどくなると、排尿痛があったり、濃い色の尿(濃尿)がでたりします。

もっと見る

胃腸病

胃腸は、”感情の臓器”といわれるように、精神的な面と密接に結びついており、強いストレスによっておこる胃潰瘍や過敏性大腸症候群(下痢と便秘の繰り返し)などは、その代表的な病気です。当然のことながら、潰瘍などは専門医の治療をうける必要があります。

もっと見る

頭痛

頭痛は、脳腫瘍や高血圧、副鼻腔炎や中耳炎などさまざまな病気の症状の一つとしてあらわれることが多いのですが、原因となるはっきりした病気がなく、習慣的におこるものもあります。その代表的なものは片頭痛と筋緊張性頭痛です。

もっと見る

ぜんそく

ぜんそくは、気管支の収縮によっておこりますが、発作がおこると気管支が狭くなって、ゼイゼイとかヒューヒューというたいへん苦しそうな息をします。この原因はつかみにくく、多くはアレルギー性のものや精神的ストレスによる心因性のものが増えているといわれています。

もっと見る

冷え性

日本女性の約半数は冷え性に悩まされているといいます。手足や腰など体の一部がいつも冷たく感じられ、何ともいいようのない不快なものです。

もっと見る

肩こり

肩こりは、首から肩、背中にかけての筋肉がかたくなり、ひどいときには痛みを覚える不快な症状です。原因には、目の疲れによるものや内臓からくるものもありますが、最も多いのは、首や肩の筋肉が弱いうえに悪い姿勢を長時間とったため頭と腕の重みが常に肩にかかるためにおこるのです。

もっと見る

しみ・そばかす

しみやそばかすは、遺伝的要素でできやすいということもありますが、肌荒れと同じように、体調が悪かったり、便秘がちだったりすると、いっそう目立つようになります。また生まれつきだと思い込んでいる人のなかにも、腎臓や肝臓など内臓の病気が治るとしみ、そばかすも治ってしまったというケースも少なくありません。

もっと見る

水虫

水虫は、白癬菌というかびが手足に感染しておこる皮膚病です。おもに足にかかりやすく、水泡ができたり、指のあいだがただれたり、激しいかゆみに悩まされます。悪化すると化膿し、痛みを伴い、歩くことも困難になります。

もっと見る



有機肥料栽培の新鮮なアロエの原液100%「キダチアロエピュア100」

ダイエット・デトックス、美容・老化防止、便秘改善に効果的なキダチアロエが原料の健康飲料です。
加齢やストレス、不規則な生活などでたまってしまった老廃物や毒素を排出して、慢性的な便秘や体調不良を改善してくれます。
四万十川の清流のもと、有機栽培された良質かつ新鮮なキダチアロエを原料とし、厳しい衛生管理の下で製造されました。
防腐剤、甘味料、着色料などの添加物は一切使われていないので、どなたでも安心して飲めます。


■免責事項
「アロエと慢性病」は、正確性に重点を置いて作成しておりますが、記述内容、リンク先の内容について保証するものではありません。
「アロエと慢性病」をご利用いただいた事による、いかなる損害、損失、トラブル等に関して、一切の責任を負いかねます。
「アロエと慢性病」およびリンク先の内容につきましては、御自身の判断、責任においての御利用をお願い致します。


PR : アロエの美容法アロエの薬効アロエと日常生活
LINK : コレステロールと健康生活

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする