痔は、場所が場所だけに恥ずかしさが先に立ち、かなり悪化して、我慢しきれなくなって初めて病院へかけ込むというケースが多いようです。しかし、治療が遅れると治りにくいうえ慢性化してしまいます。症状の軽いうちに、アロエでぜひ治しておきたいものです。

痔には、いぼ痔(痔核)、切れ痔(裂肛)、痔ろうがあります。いぼ痔は肛門のまわりの静脈がうっ血してできたもので、肛門の外にできる外痔核と、肛門の内側にできる内痔核とに分けられます。外痔核は痛みがあり、内痔核はさほど痛みはありませんが排便時の出血がみられます。切れ痔は、便秘をしたり、重い物を持ったりしていきむことで肛門の一部が切れて出血することをいいます。痔ろうは、いぼ痔や切れ痔と異なり、肛門部の化膿菌感染でおこります。

そもそも痔は、肛門を不潔にしていたり、便秘ぎみだったりすることが原因ですから、それらを取り除くことが予防法であり、治療の第一歩でもあります。

生食したり、しぼり汁を飲めばしだいに排便がスムーズになって痔の痛みや出血は少なくなります。軽い症状ですと、排便が楽になるだけで治ることもあります。

さらに、アロエを外用薬として患部に塗ったり、すり込んだりすればなお効果的です。アロエに含まれるビタミンKの止血作用と、アロエウルシンの消炎作用の2つが作用するからです。

ただし、外用する場合には患部を清潔にすることがポイントです。入浴や座浴で患部をよく洗い、十分あたためて血流をよくしてから塗ってください。まず、アロエのおろし汁を脱脂綿やガーゼに含ませ、それを患部にあてて絆創膏で固定します。ゼリー状の部分を張ってガーゼでおさえてもよいのですが、しみて痛むことがあります。生汁も同じで、効き目が強い場合には、生葉を湯通ししてからおろします。



※使用上のポイント

<内用の場合>
・よく洗った葉を細かく刻んで生食するか、おろしたものをしぼって飲む。飲みすぎると下痢をするので注意。

<外用の場合>
・入浴か座浴によって患部を清潔にし、血流をよくしてから、おろし汁を脱脂綿かガーゼに含ませ、患部に固定する。
・ゼリー状の部分を直接張ってガーゼでおさえる。
・しみる時には、湯通ししたものをしぼり汁に使う。

有機肥料栽培の新鮮なアロエの原液100%「キダチアロエピュア100」

ダイエット・デトックス、美容・老化防止、便秘改善に効果的なキダチアロエが原料の健康飲料です。
加齢やストレス、不規則な生活などでたまってしまった老廃物や毒素を排出して、慢性的な便秘や体調不良を改善してくれます。
四万十川の清流のもと、有機栽培された良質かつ新鮮なキダチアロエを原料とし、厳しい衛生管理の下で製造されました。
防腐剤、甘味料、着色料などの添加物は一切使われていないので、どなたでも安心して飲めます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする