生葉をかじる

いちばん簡単で、抜群の即効性

何が何でもすぐに、というときにおすすめしたいのが生葉の丸かじり。生葉には即効性があり、効果は抜群です。

生葉を水洗いして、そのまま食べてもかまいませんが、とげをとってしまったほうが食べやすいでしょう。

でも苦いのでは?たしかに苦くないとはいえませんが、アロエはあとに苦みが残らないので、つづければ慣れてしまいます。最初は苦くない葉先から少量ずつ食べていくとよいでしょう。

アロエを内用する場合、1日の量は、大人で15グラム、小学生は大人の2分の1から3分の1、赤ちゃんは5分の1が目安ですが、人によって適量はかなり違います。便の状態をみて、赤ちゃんのような下痢ぎみの便が1日2~3回でる状態が適量です。最初は少量から試して徐々に量を増やしていくと2、3日でだいたいの適量がわかってきます。



①大きく肉の分厚い下の葉から順にとる。
②よく水洗いし、食べにくければとげをとる。
③慣れないうちは、苦みの薄い葉先から食べていく。
④1日の分量は大人15グラム(幅3cm、長さ4cm)。最初は少量ずつ試す。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする