生葉を煎じる

穏やかな効き目が常用むき

生葉の丸かじりや、おろし汁に比べ、飲みやすくて作用が穏やかなので、体力のない人、子供、お年寄りなどに適しています。ただし、この方法は長期間つづけることが大切です。

生の葉を洗って4、5ミリの厚さに切り、土鍋かアルミやアルマイト製の鍋にアロエと同量の水を入れて、半量になるまで煮詰めます。絶対に鉄、銅、ガラス製の鍋は使用しないこと。

煮詰まったら火からおろして冷まし、木綿の布などでこして汁をしぼります。

1回の量は大さじ1杯ぐらいが目安で、1日2、3回飲むのが適量です。早く効くようにといって、一度に飲みすぎるのは禁物。毎日少しずつ飲み続けましょう。

煎じ汁は、密閉容器に入れて、冷蔵庫に保存すれば1週間、冷凍庫なら2、3ヶ月保存できます。多めに作って冷凍し、小出しに使うとよいでしょう。



①生葉をよく洗い、4~5mmの厚さに刻む。
②刻んだ葉を、葉と同量の水といっしょに鍋に入れる。
③半量になるまで、ふたをしないで煮詰める。
④冷ましてから木綿でこして汁をしぼり、冷蔵庫で保存する。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする