液汁をつける

強力な消炎、鎮静、殺菌力を外用で生かす

アロエには、炎症をおさえ、痛みを鎮める作用や殺菌力があるので、外用にも十分効果を発揮します。外用する場合、いちばん簡単な方法は、葉を開いて患部にこすりつけることです。特に、アロエの葉のなかにあるゼリー状を患部に直接つけると効果的です。

切り傷などの場合は、アロエの葉を切りとって熱湯消毒し、切り口の液汁を患部にこすりつけます。

歯痛や鼻のなかにできた傷などのように、つけにくい部分につけるときは、綿棒にアロエの液汁をしみ込ませて使います。

虫刺されの場合は、患部に液汁をつけるかゼリー状を張り、乾いたらまた新しいものをつける。これを繰り返すとたちまち痛み、かゆみは消えてしまいます。

水虫やにきび、痔などには、アロエの液汁を、清潔にした患部に完治するまで根気よく塗り続けます。



①切り傷の場合、血をふきとったあと、熱湯消毒したアロエの切り口で患部をこする。
②歯や鼻のなかなど、つけにくい部分は綿棒に液汁をしみ込ませて使うと便利
③虫刺されの場合、液汁をつけるかゼリー状を張る。乾いたらまたつけ、これを繰り返す。
④水虫やにきび、痔には、患部を清潔にし、完治するまで根気よく塗り続ける。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする