アロエ酒

食前に飲んで健康維持

アルコールは胃で吸収されるので、アロエ酒は、アロエの効き目を早めるという利点があります。

また、作り方も果実酒と同じなので簡単なうえ、アロエの苦みがまったく消えてしまい、とても飲みやすくなります。

1日の内用量は杯に1杯ぐらい。アロエの薬効を必要とする症状のほとんどに適しています。
特に症状がなくても、食前や就寝前に毎日飲み続ければ健康維持に必ず役立つでしょう。



①アロエ500g、焼酎1リットル、砂糖200~300g(氷砂糖でもよい)を用意する。
②生葉をきれいに洗い、水気をふきとり、適当な長さに切る。
③切ったアロエを保存びんに入れ、砂糖、焼酎を加え、冷暗所に1ヶ月ほどおく。
④アロエが完全に脱色したらとりだし、布でこし、さらに冷暗所に保存する。
⑤砂糖が完全に溶けてしまえば飲めるが、2、3ヶ月たったものがおいしい。
⑥炭酸割り、オンザロック、あるいはジュースなどに混ぜて飲むのも楽しい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする