風邪

家中でひいた風邪も”アロエと共に去りぬ”

風邪は、ウイルスによっておこりますが、私たちの体には抵抗力があるので、空気中にウイルスがあるからといってすぐ風邪をひくものではありません。しかし、体の抵抗力が落ちてくると、たちまちウイルスにおかされてしまいます。風邪をひかなくするには、ふだんから体に抵抗力をつけておくこと。これがいちばんの方法です。

そのためには、ふだんからアロエを定期的に服用することが効果的。アロエには、血行をよくし、胃腸の機能を高める働きがあり、抵抗力がつくので風邪をひくまえに予防します。

もちろん、ふだん服用していない人でも、風邪をひいてから飲んでも十分効果が期待できます。アロエのアロエチンおよびアロミチンという成分が、ウイルスの働きを不活性化するのです。それと同時に、アロエの成分であるアロエウルシンには消炎作用があるため、風邪の諸症状のうちでも、咽頭、喉頭の炎症、たんなどに最も有効に働き、風邪をひいたときにアロエを飲むと、とても楽になります。

服用はどんな方法でもかまいませんが、風邪のとき、あるいは風邪をひきそうなときは体をあたためるのがいちばんなので、ホットアロエジュースやアロエ茶などをおすすめします。風邪には卵酒なんてことをいいますが、アロエ酒にお湯を加え、レモンの輪切りを浮かべてホットアロエ酒にしてもよいでしょう。体がしんからあたたまります。

たんが切れなくて困るときは、アロエあめか、しぼり汁を水あめや蜂みつでといて飲むと、たんの切れがよくなります。



使用上のポイント

・あたたかい飲み物にして飲む。
・ホットアロエジュースは、幅3センチ、長さ4センチくらいの生葉をすりおろしてお湯1カップ、蜂みつ大さじ1を加え、レモンスライスを浮かべる。
・せきやのどの痛み、たん切りにはアロエあめ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする