あせも

赤ちゃんの友に、「はい、アロエ」

赤ちゃんの肌はまだ脂腺が十分に発達していないため刺激をうけやすく、あせもやあせものよりに悩まされます。

あせもを作らないためには、夏でも涼しくすごせばいちばんいいのですが、湿度の高い日本ではなかなか難しいようです。

私たちは体温を調節するために汗をかいているのですが、汗の出口はひじょうに細いため汗がうまくでなかったり、汗がでても湿度が高い季節だとなかなか蒸発しないことがあります。そこに、ほこりなどがたまると汗の出口がつまってしまいます。すると、こうしたことが刺激になって皮膚におきた炎症があせもというわけです。

あせもは、早く治せれば心配ないのですが、細菌に感染したりすると傷んだり、うんだり、治っても跡がカサカサになることもあります。

あせもができたら、風通しのよい衣服を心がけ、ぬれタオルでふいたり、入浴させたりして、とにかくあせものできたところをきれいにします。肌着をまめにとりかえることも大切です。そして、パウダーをつけておきましょう。パウダーはつけすぎると、汗の出口をふさいでしまうので注意してください。

パウダーのかわりにアロエも効きます。ゼリー状の部分をあせもにつければ大丈夫です。でも、アロエがよいといっても、やはり赤ちゃんは肌が弱いのでかぶれる心配があります。ほんの少しつける程度にするか、アロエ汁を脱脂綿などに含ませて、患部を軽くたたくとよいでしょう。

アロエの消炎作用と毒素を中和する作用が有効に働いて、あせもが治ります。
生葉が不安なら、市販のアロエ軟膏を使っても効き目があります。くれぐれも塗りすぎに気をつけること。



使用上のポイント

・患部をきれいにする。
・ゼリー状の部分をつけるか、アロエ汁を含ませた脱脂綿で、患部をかるくたたく。
・アロエ軟膏でもよい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする