あかぎれ・しもやけ

冬の水仕事だって、もう苦にならない

真冬、寒さや風で皮膚の脂肪分が不足しているときに、さらに水仕事などをして脂肪膜を失うと皮膚に裂け目ができ、ひびやあかぎれになります。この裂け目がひどくなると、水がしみたり、傷のようになって痛んだり、赤くはれあがったりします。

ひび、あかぎれはアロエをつけても、傷のようにすぐ治るものではありません。特に、ふだんから皮膚がカサカサして脂肪気のない人は、冬が近づいたら、入浴時に手をマッサージしたりして血行をよくし、湯上りにアロエ汁をすり込むなど予防することがまずたいせつです。

予防のかいなくできてしまったら、毎晩寝る前にアロエ湿布をして休んでください。アロエは血行をよくし、かゆみや痛みをやわらげる作用がありますので、とても楽になります。

また、ひびやあかぎれは脂肪分が少ないということからおきるので、アロエ軟膏を塗っておくのも効果的です。軟膏は失われた脂肪を取り戻すほか、アロエの収斂作用で皮膚の裂け目を元に戻します。

さらに、外用だけでなく、内用も併用すると血行をよくし、新陳代謝も盛んになります。

寒さで手足の末端や耳たぶなどがはれあがった状態をしもやけといいますが、しもやけも、ひびやあかぎれ同様に予防が肝心。寒い季節が近づいたら、手足や耳たぶを厚い手袋や靴下、帽子などで寒さから防ぎ、入浴はアロエ風呂にして、手足の末端を中心にマッサージをします。そして入浴後にはアロエ汁をよくすり込みましょう。



使用上のポイント

・ひびやあかぎれは、入浴後に手をマッサージして血行をよくし、湯上りにアロエ汁をすり込むなどの予防が第一。
・できてしまったら、就寝前にアロエ湿布をしたり、アロエ軟膏を塗る。
・しもやけも予防が肝心。アロエ風呂に入り、手足の末端を中心にマッサージし、入浴後にはアロエ汁をよくすり込む。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする