鼻炎やアレルギー性鼻炎、慢性副鼻腔炎(蓄膿症)など鼻の病気は、まず鼻の粘膜の炎症をおさえて不快な症状をとり除くことです。それには、アロエのもつ消炎作用が効果的です。

もちろん、蓄膿症など症状の重いものは、専門医の治療をうける必要がありますが、急性鼻炎やアレルギー性鼻炎の初期でしたら、アロエで簡単に治る場合もあります。

まず、アロエの葉をすりおろしたおろし汁を、綿棒や脱脂綿に含ませたもので、鼻腔をふきます。鼻汁がでたり、鼻が詰まって不快なときに繰り返してください、アロエの消炎作用がすみやかに働いて、鼻の粘膜の炎症をおさえてくれます。ただし、鼻腔は、デリケートで傷つきやすいので、乱暴にしないように気をつけます。また、あおむけになり、アロエの切り口から直接アロエ汁を鼻腔に入れる方法や、市販のアロエ軟膏を鼻の粘膜につけても効き目があります。

蓄膿症の場合には、専門医の治療をうけると同時に、前述のアロエ療法やアロエを内用するとよいでしょう。また鼻炎の原因となる風邪は、ちょっとした気のゆるみや体調の崩れからかかりやすいものです。ふだんから、アロエを内用して、風邪の予防につとめたいものです。

アロエで治らないアレルギー性鼻炎は、医師にご相談ください。



使用上のポイント

・おろし汁を綿棒か脱脂綿に含ませて、鼻腔をふく。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする